日本武尊


日本武尊は父景行天皇の命により吉備武彦を連れて東国に向かいます。伊勢の国で叔母の日本姫より天叢雲剣と守り袋を渡され、東国の荒ぶる神討伐に向かいます。
一方、駿河の国の兄ぎし、弟ぎしは朝廷に貢物を送らないので、日本武尊が自分達を討伐に来ると相談します。相談の末、賊首より謀を受け、貢物をしたいのだが、大鹿に悩まされているので、鹿を退治してくれたら貢物をすると嘘をつき、尊を大野へと誘い込みます。その時、四方八方より火を放ちましたが、剣で草を薙ぎ、守り袋の中の火打ち石で迎え火を起こし、難を逃れて悪党を倒します。
その後、剣は草薙剣と改名され、三種の神器として熱田神宮に祀られています。